ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌への道

女の人

乾燥しがちな環境に身を置く現代女性から高い人気を誇っているのが保湿化粧水です。美肌は肌の水分量と密接な関係があるため、しっかりと保湿する事はとても大切です。値段に関わらず保湿力の高い成分を含むものや自分の肌に合ったものを選び、継続的なスキンケアを行って理想の美肌を目指しましょう。

Read

最新の両用性ビタミンC

化粧品

appsはビタミンC誘導体の浸透力と持続力を高めた美容成分です。普通のビタミンC誘導体に比べると美容効果が高く、水溶性と油溶性両方のメリットを持っています。apps化粧水は肌につけるだけで深層部に浸透して、イオン導入と同じような働きをします。

Read

肌に浸透しやすい有効成分

女性

ビタミンc誘導体化粧品は化粧水がもっとも有効だと言われています。しかし注意したいのが使用の順番です。ビタミンc誘導体化粧水を洗顔後に、という方法お勧めします。正しいスキンケアの方法を知って、有効成分を余すことなく肌に浸透させたいものです。

Read

体の劣化を防ぐ方法

妊婦

引き締め作用のクリーム

妊娠線とは、妊娠して赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹の成長に耐え切れずに皮膚が伸びてしまう現象を言います。出産後に出来る、ひび割れのようにお腹に一本から数本の亀裂のような線が妊娠線です。赤ちゃんが大きくなって海やプールなどに行く機会が出来ると、気になって露出が出来なくなり新たな悩みとなる人も多いと言われています。一度出来てしまってからでは改善するのは大変になるので、予防を心がけていくことが大事になります。予防としては、引き締め作用のあるクリームなどで保湿をしながらマッサージをすることです。お腹が大きくなる前の、妊娠初期の段階からケアを行っていくことで改善することが出来るようになると言われています。

出来やすい体質の人も居る

妊娠線は予防のためにケアしていくことが大事になりますが、もともと妊娠線が出来やすい体質の人も居ます。もともとどちらかというと太り気味の体型の人や小柄な人、出産が初めてでない人、二人以上の胎児を抱えている人、乾燥肌の人などがこれに当たります。妊娠線が出来やすい体質の人は、特に予防を心がけて妊娠して安定期に入ったら徐々にお腹を中心にマッサージと保湿を行います。妊娠線は主にお腹に出来やすいですが、胸やお尻などに出来ることもあるので出来るだけお腹だけなど限定せずにお腹を中心に胸やお尻など全身の保湿を心がけることが大事です。予防をしっかりと早い時期から行っていくことで、産後も体の劣化を防ぐことが出来ます。